自宅で気軽におこなえる「ホームホワイトニング」のやり方と注意点

acp77
スポンサードリンク
haha

ホームホワイトニングを自宅でする方法

zitaku1

ホームホワイトニングといえば「自宅でのセルフケア」「気軽におこなえる手軽なホワイトニング」といったイメージが多いでしょう。
もちろん、セルフケアですので、自分の良い時間に施術をおこなうことはできますが、一定のルールや守らなければならないことをを守ったうえでの施術でないと効果が上手く発揮されません。
そこで今回、ホームホワイトニングをおこなうにあたり施術の流れから必要なこと、注意すべき点に至るまでご紹介します。
ご自身でセルフケアできるかどうかの参考にしてみてください。

■すぐにセルフケアは危険!まずは歯科医院を受診しましょう

◯専門機関でカウンセリングを受けましょう

zitaku2

ホームホワイトニングをおこなうには、まず歯科医院や専門のサロンでカウンセリングを受けましょう。

これは、現時点のお口の状態がホワイトニングをおこなうにあたり、適しているか診断してもらうためです。

そして、もしも虫歯や歯周病など、お口に何らかの治すべき事柄が見つかった場合は、治療を終わらせたのちに開始することになります。

この作業を怠り、自己判断で始めてしまっては、ホームホワイトニングがうまくいかないこともあるのです。

◯必要であれば虫歯や歯周病治療

zitaku3

虫歯があるままホワイトニングをおこなうと、薬液が刺激となって虫歯の進行を悪化させてしまうことがあります。

また、歯に破折やヒビが入っている箇所があれば、そのままホワイトニングしてしまうと、色ムラができて目立ってしまうこともあります。

歯周病で歯ぐきが弱っている場合も、薬液の刺激は受けないほうがよいでしょう。

また、歯周病で歯ぐきが腫れ、歯冠部分を覆っている場合、その部分に薬液が十分に行きわたらず、うまく全体がホワイトニングされない可能性もあります。

事前に歯科検診を受け、必要な治療を受けた後にホワイトニングを開始しましょう。

◯お口の型取りやマウスピースの製作

zitaku4

お口の状態が健康であれば、個人のお口に合わせたマウスピースを製作します。
そのためにはまず歯型を取り、その日はそこで終了です。

スポンサードリンク
suponsa

マウスピースは約一週間程度で完成し、最来院することになります。

◯ホームケアの流れや施術の説明、マウスピースの受け取り

ホームホワイトニング用の薬液を歯科医院から購入する場合には、自宅での使用方法などをレクチャーしてもらうこともできます。

もしも、ホームホワイトニング薬剤を自身で購入する場合には、マウスピースを受け取り終了です。

■ホームケアを開始する前に確認しておくこと

◯これから一定期間、毎日続けることができるか

zitaku5

ホームケアを開始するにあたって、「毎日決められた一定の時間が確保できること」が条件となります。

仕事が不規則で時間がない、子育て中でまとまった時間確保が難しいといったような方は難しいでしょう。

そのあたりの対策が万全であれば、いよいよ施術の開始です。

◯飽きっぽい性格ではない?

自身のこれまでの生活や、なにかを始めた時にすぐに飽きてしまうなど、もしもホームホワイトニングも途中で挫折してしまうかもしれないという方。
もしかしたら長期継続が必要なホームホワイトニングは向かないかもしれません。

歯を白くする方法は他にもありますので、よく検討して始めるようにしましょう。

■いよいよホームケアの開始! 施術の流れとやり方

◯まず施術前に丁寧に歯磨きをしましょう。

zitaku6

歯の表面「エナメル質」に薬液を作用させていくため、歯垢や食べかす等で汚れていないように、塗布開始前に丁寧に歯磨きをして歯面を綺麗にします。

◯マウスピース全体にホワイトニング液を注入します。

薬液を全体にまんべんな浸透させるため、マウスピース全体にホワイトニング薬液を丁寧に注入します。

◯マウスピースをお口に装着します。

薬液を注入したマウスピースを歯列に装着し、既定の時間そのまま過ごします。

この間、飲食は絶対に禁止です。テレビを見たり、音楽を聴いたりとゆっくり過ごしましょう。

◯ホワイトニング施術時間終了

時間になったらマウスピースを外し、うがいをします。

外したマウスピースは洗浄して保管します。
紛失や破損を防ぐための専用ケースなどに入れて保管しましょう。

◯毎日、白くなるまで続けます。

この一連の流れを、毎日同じ方法で自身が白くなったと感じるまで繰り返します。

■ホームホワイトニング終了後のケアは?

◯効果が出てくるのはいつ頃?

zitaku7

個人差がありますが、大抵の人は1~2週間くらい続けていると「白くなってきた」と実感し始めます。

それからどのくらいの白さまで施術を続けるかは、白さの好みで続ける期間を自分で決めます。

◯白さはどれくらい持続する?

ホームホワイトニングの白さは、約6~12カ月継続するとされています。

そこから放っておけば、徐々にもとの歯の色に後戻りしてしまいますので、再度ホームホワイトニングをおこなうことで白さをキープします。

◯歯科医院の定期検診を受けましょう

ホワイトニングを再度行う場合には、再び歯科医院でお口の精査や歯の状態のチェックを受けることをおすすめします。

しばらく期間が空いている時期に、虫歯や歯周病に罹患していないとも限りませんので、施術を以前にしたことがあっても、再度開始の際には一度歯科検診を受けた方がよいのです。

◯歯の白さが長持ちするためにできることはある?

zitaku8

ホームホワイトニングで手に入れた歯の白さは、できるだけ長く白さを保ちたいものですね。

できるだけ長く白さを保つには「再度歯に色が付かないようにする」ということが大切です。

ホワイトニング施術期間はもちろんですが、施術期間が終わったからといって色素の濃い飲食物を摂取していては、後戻りを早めてしまうことになるのです。

■自宅でおこなうホームホワイトニングで注意すること

◯飲食物に注意しましょう。

zitaku9

色素の濃い飲み物(コーヒー、紅茶、ウーロン茶など)、色素の濃い食べ物(カレー、スパゲッティミートソース、ソース焼きそば、キムチなど)などを控えましょう。

歯の表面に再度色素沈着することで後戻りを早めてしまうことになります。

◯マウスピースの取り扱いに注意しましょう。

マウスピースが破損してしまっては、毎日続けることができなくなります。

新しいマウスピースを製作している期間、ホワイトニングが中断されると、効果が無くなってしまいます。

◯用法・容量を守りましょう。

ホームケア用のホワイトニング薬液は、家庭用にもともと濃度が薄いものを使用するようにはしていますが、用法・容量を守らない場合は歯に悪影響が働く可能性もあるのです。

セルフケアは手軽ではありますが、手軽であるからゆえに早く白くなりたいからと1日に何度もおこなったり、薬液を過剰に使用したりしてはいけません。

自宅でホームホワイトニングをする方法と注意点まとめ

zitaku10

ホームホワイトニングは「自宅で気軽におこなえる」という点が最大のメリットですが、自己判断で開始したり、用法・容量、期間を守らないとうまくいかないことがあります。

まずはしっかりと歯科医院でお口の精査を受け、健康なお口でスタートすることは重要ポイント。

そして毎日しっかりと施術できる環境を整え、手順や管理方法などもしっかりおこなうことが、白い歯を手に入れるためには必須なのです。

ranking
当サイトで今月1番人気のあるホワイトニング歯磨き粉
hahahanoha-hutter