ホームホワイトニングは痛い?!痛み止め以外に和らげる2つの方法

itai1
スポンサードリンク
haha

■歯がしみたり痛みを感じるのはなぜ?

itai1

 

ホワイトニングをしたいと思ったとき、「ホワイトニングをすると歯がしみる」、「痛みが出る」といったような影響が不安だと感じる方がいらっしゃいます。

なぜこのような事が起こるのでしょうか。また、このような悪影響を予防することはできるのでしょうか?

ホワイトニングの作用を知り、ホームホワイトニングをおこなう際に気を付けるべきことなどをご紹介します。

〇神経に刺激が届くことによって痛みを感じています!

まず、「歯」がしみるという感覚や痛みを感じるのはなぜなのかを考えてみましょう。

アイスクリームなどの冷たいものを食べたとき、歯に「キーン」と痛みを感じる感覚。
これは歯の中にある神経である「歯髄(しずい)」に刺激が届いたときに起こります。

〇神経が痛みを感じるメカニズム

itai2

歯の構造は、一番表層をエナメル質という体の中で一番硬い組織で覆われており、その下に象牙質があります。そして象牙質の中央部分に神経(歯髄)が走っています。

歯の神経は冷たいものだけでなく、熱いものなども感じると「痛い」と感じ、しみるという感覚を感じるのです。

そして、神経は象牙質と関わっているため、象牙質に刺激が届くことで痛みを感じます。これが俗にいう「知覚過敏(ちかくかびん)」です。

〇神経が痛みを感じる「原因」

itai3

また、虫歯が出来て、硬いエナメル質に穴が開いてしまうと、下の層の象牙質が露出します。そのため、しみたり痛みを感じるようになります。

神経のある部分まで虫歯が大きくならなくても、冷たいものや温かいものなどの「刺激」は、象牙質を介して神経に届くというわけなのです。

〇ホワイトニングでも痛みは起こる

実は、これまでご紹介したような、知覚過敏や虫歯で起こる症状と同じようなことがホワイトニングをしているときに起こる場合があります。

ホワイトニング薬剤を塗布した際に、歯にしみて痛いと感じるのです。

では、どんなときにホワイトニング薬剤がしみてしまうのでしょうか?

■ホワイトニング薬剤がしみる可能性がある場合とは?

〇虫歯があるのにホワイトニングしてしまった場合

itai4

虫歯があり、象牙質まで進行している段階(C2と呼びます)に達している場合、飲食物などの刺激が象牙質を介して神経に伝わる可能性があります。

特にホームホワイトニングをおこなう場合、事前にお口の検診を受けていないと、虫歯があることに気付かないまま施術を開始してしまい痛みを感じることになってしまう恐れがあります。

〇知覚過敏症の方がホワイトニングを行った場合

itai5スポンサードリンク
suponsa

歯の根っこの部分は「セメント質」という組織なのですが、この部分は通常歯ぐきで守られています。

しかし歯ぐきの退縮などによって露出してしまうと、飲食物などの刺激によってしみたり痛みをともなう症状があります。これが「知覚過敏」です。

このような状態に気づかないままホワイトニングしてしまうと、ホワイトニング薬剤がしみて痛みを伴う可能性は高いです。

こちらも虫歯同様、ホームホワイトニングをおこなう場合には、事前に検診を受けておかれることで未然に防ぐことができます。

〇歯にヒビなどの損傷部分がある場合

itai6

歯の表面は綺麗に見えて、実は歯磨き圧が強すぎる人などは細かい傷などが入っていることがあります。

このような細かい傷や、気づきにくいヒビなどがあると、虫歯の無い健康な歯のように見えるのにしみるということもあるのです。

この細かい傷を伝って、少しずつ象牙質の方へホワイトニング剤がしみることがあります。

〇誤った濃度のホワイトニング剤を使用した場合

ホームホワイトニングは自宅でおこなうため、自己管理になる部分が多くなります。

早く白くしたいからといって、決められた容量よりも多く使用したり、決められた施術時間を守らなかったりすると、薬液の作用が強すぎることでしみるということも考えられます。

〇ホワイトニング薬剤の歯面への作用による一時的なもの

itai7

ホワイトニングをおこなうと、歯の表面にあるエナメル質の表面構造が変化します。

その変化は時間の経過とともに徐々に元に戻ろうとする力が働きますが、それまでは表面構造が不安定で刺激の影響を受けやすくなります。

ですから、冷たいものや温かいものを食べたり飲んだりする刺激が伝わって、しみたり痛みを感じることにつながってしまうのです。

■「ホワイトニング薬剤の一時的な作用」で起こっていること

〇薬剤の一時的な作用での痛みとは?

itai8

歯の表面に薬液を作用させて、歯の質が一部変化することによって歯を白くする方法が「ホワイトニング」です。

ホワイトニングをおこなうことでなぜ一時的に歯がしみてしまったり、痛みを感じるのかをひも解くには、まずホワイトニングの作用を知っていただくと解りやすいのでご紹介します。

〇ホワイトニング剤の作用とはどんなもの?

itai9

・歯の表面の色素を変化させる

ホワイトニング薬剤には、過酸化水素や過酸化尿素が含まれており、ホームホワイトニングでは過酸化尿素が主に使用されています。

これらは歯の表面に塗布されると、温度が上がることによって酸素と水に分解されます。
そして酸素が歯の表面を覆っているエナメル質の色素と反応して無色透明になるように分解するのです。

・エナメル質表層の構造を変化させる

また、エナメル質は無数の柱状の組織の集合体なのですが、ホワイトニング薬剤に含まれる過酸化物が塗布されることによってエナメル質の表面を凸凹に構造変化させます。

この効果で下の層である象牙質の色が透けにくくなり、まるですりガラスのような効果を表します。この「マスキング効果」のお陰で、本来の色よりも白く見えるというわけなのです。

〇ホワイトニング剤の作用で起こる「表面構造の変化」

itai10

そこで、このエナメル質の表面構造が変化することで、一時的に歯の表面が溶けた時と同じ「脱灰(だっかい)」という状態と同じような構造になります。

そのため施術してすぐは表面が不安定で、飲食物がしみたりすることが考えられます。

施術後は食事をしない時間が必要ですので、自己管理が必要なホームホワイトニングでは注意が必要です。

ただしこの状態は一時的なもので、お口の持っている「再石灰化(さいせっかいか)」の作用が働き、歯の表面構造が元に戻る力が働くためしばらく様子をみて大丈夫なのです。

■ホームホワイトニングをおこなう際に気をつけること

〇事前に歯科医院を受診しましょう

itai11

歯がしみて痛む原因として、虫歯や歯の損傷、知覚過敏などがあります。

これらは初期段階の虫歯や細かい破損であった場合、なかなか気づくことが難しいものです。

ホームホワイトニングは通信販売等でも購入でき、気軽に始めることのできる方法ですが、やはり開始前には、歯科医院を受診して検診を受けることをおすすめします。

歯科医院で問題が見つかった場合には、しっかり治療した後にホワイトニングを開始することが、しみや痛みを回避することにもつながるのです。

〇用法・容量をしっかり守りましょう

itai12

ホームホワイトニングは、ほとんどが自己管理となります。

そこで、「施術時間を長くしたらもっと白くなるのでは?」と考えてしまったり、海外製品など高濃度の薬液を使用しているものなどを購入したりということがあるとトラブルにもなりかねません。

1回の施術時間を長くしても、白さがさらにアップすることはありませんし、海外製品などは日本の基準と違う濃度のものも販売されています。

安心・安全にホームホワイトニングをおこなうためにも、用法・容量はきちんと守るようにしましょう。

■まとめ

itai13

ホームホワイトニングは、元来安全に取り扱うことのできる製品として販売されています。
しかし、ホームケアである以上は自己責任の部分も多くなります。

日本では薬事法で規定された製品を歯科医院で購入されることが推奨されていますが、ネット通販などで海外製品などを購入することもできるのが実状です。

歯は見ただけではわからないトラブルがある場合もありますので、歯がしみたり痛みを感じることに繋がってしまわないよう、ホームホワイトニングをおこなう際には1度歯科医院を受診されることをおすすめします。

ranking
当サイトで今月1番人気のあるホワイトニング歯磨き粉
hahahanoha-hutter